印刷

【政治経済】主権者教育の一環として「校長」総選挙が行われました。  

本校は、アクティブ・ラーニング推進校です。
(平成29・30年度東京都教育委員会指定)

11月7日(水)に3年生の政治経済の授業における主権者教育の一環で

【蒲田高校 「校長」総選挙】が行われました。

生徒たちはクラスで中で、複数の政党(グループ)をつくり、
蒲田高校の「校長」になったら行いたい政策を自分たちで考え
各クラス内でプレゼンテーションを行い、競い合いました。

本日はその各クラスを勝ち抜いた政党(グループ)の「政権公約」を
3年生全体に向けてプレゼンテーションを行いました。



まず初めに、「政治経済」担当教員から、本日の趣旨の説明が行われました。



各政党の熱いプレゼンが続きます。



プレゼンテーション後には質疑応答です。
各政権公約について鋭い質問もどんどん出てきました。















投票が始まり、





選挙管理委員によって即日開票が行われ
学年代表政党が選出されました。

18歳選挙権になり、初めての「投票」という生徒も多かったようで、
生徒も「主権者」としての意識が高まるきっかけとなったようです。

最後に担当教員から、候補者の政策を
“批判的”に見ることの重要性が説明されました。

本校ではこのように、生徒にとって身近な問題を
自ら考え、話し合い、表現できるように工夫した授業を
行っています。
〒144-0053 東京都大田区蒲田本町1-1-30
電話 : 03-3737-1331 ファクシミリ : 03-3737-1714
E-mail : S1000015@section.metro.tokyo.jp